サンプルはこちらからご覧ください

親物語(冊子)サンプル版は以下よりご覧ください^^


親物語(動画)サンプル版を見る

親物語(冊子)の掲載内容

「表紙」について〜今と昔の写真のどちらかを選べます

表紙に使う写真は取材時に撮影した「今」の写真か、ご提供いただいた「昔」の写真か、いずれかをお選びいただきます。取材時にお話を聞きながら、どちらにするかを決定させていただきます。

 

元気にハツラツと暮らしている。そんな親御さんには「今」の写真を表紙に使うことをおすすめしています。プロのカメラマンが親御さんの最高の瞬間を写真に収めます。

 

「話は出来るけど体を悪くしてしまって寝たきりになってしまった。どうせなら元気だった頃の写真を使ってほしい」そんな親御さんには「昔」の写真を表紙に使うことをおすすめしています。『親物語』は、お客様の気持ちに寄り添うことを大切にしながら、表紙の写真を選んでいきたいと考えています。


「私の自分史」について〜お話しいただくだけでOKです

全3ページで構成する「私の自分史」は『親物語』のメインとなる記事です。親御さんのこれまでの人生の歩みを記事にして掲載します。

 

プロの編集者(あるいはライター)が親御さんの人生の歩みを聞き取り取材します。質問に答える形でお話しいただくだけで、取材はOKです。人生の節目になる事柄(入学や卒業、結婚、お子さんやお孫さんの誕生など)についてお聞きしますので、それらの年代だけ簡単にまとめておいていただけると取材がスムースかもしれません。自分のことをお話しいただくことが取材を受ける親御さんにとっては「癒し」につながります。楽しい時間を過ごしていただければ、こんなにうれしいことはありません。


「写真館」について〜思い出話を聞かせてください

1ページの記事です。人生の節目となる写真を3枚掲載します。

 

その写真を見ながら思い出話をしていただければ取材はOKです。どの写真を選んでいいか分からない、というお話を聞きますが、その際はアルバムごとご用意いただければお話を聞きながら掲載する3枚を選ばせていただきますので安心して取材日をお待ちください。


「わたしのモノがたり」について〜大切な「モノ」をご用意ください

見開き2ページの記事です。思い入れのある「モノ」や大切にしている「モノ」を、その理由をお聞きしながら紹介する記事です。

 

親御さんにとって思い入れのある「モノ」や大切にしている「モノ」をご用意いただき、それを見ながらお話を伺います。それ自体の撮影も行います。趣味で夢中になっているモノ、大切な誰かからの贈りモノ、大事に使い続けているモノなどを、ひとつだけご用意ください。車やバイクといった大きいモノでも構いません。


「クロニクル」について〜編集部でまとめます

直訳すると年代譜といった意味になります。裏面に掲載される1ページの記事です。親御さんの節目となる出来事を年代順に並べた記事です。併せてその頃の世の中の出来事を掲載しています。

 

取材をとおして聞かせていただいた事柄を元に編集部で内容をまとめますので、親御様の手をわずらわすことは一切ありません。世の中の出来事につきましてもこちらでまとめます。


DVD-Rの収録内容

親物語(動画)〜約90秒にまとめた取材ダイジェスト動画です

取材時の様子を約90秒にまとめた取材ダイジェスト動画です。写真も何点か収録しています。動画はDVD-Rに収録したものを納品させていただきますが、それとは別に動画閲覧サイトのYouTubeに登録しています。アドレスさえ分かっていればスマートフォンやパソコンから、いつでもご覧になることが出来ます。

 

動画にすることのメリットは表情の変化や仕草、声を残しておけるという点だと思います。制作した動画が皆さまにとって、大切な思い出になってくれれば幸いです。

 

動画は取材時に撮影した素材を元に編集します。動画のための取材は特にありません。


写真アルバム

取材時に撮影した写真のなかから選りすぐりを10枚程度収録。汎用性の高いJPEGファイルで収録していますので、SNSや年賀状など、様々な用途でお使いいただけます。


親物語(冊子のPDF版)

親物語(冊子)のPDF版です。お知り合いの方にメールで送ったり、ご家庭のプリンタで印刷するなど、何かと重宝します。